稲門写真クラブトップ

ホーム 稲門写真クラブについて ニュース リンク お問い合わせ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
【投稿】
【投稿】 : WPS「新人展」に行ってきました  昭和50年卒・湯川登紀雄+
投稿者 : shiratani 投稿日時: 2016-10-07 22:25:07 (271 ヒット)

 ====================

◎早稲田大学写真部新人展を訪れて
————————————————————
         昭和50年卒・湯川登紀雄
====================
 
 去る9月27日、菊池・白谷両先輩とともに「早稲田大学写真部新人展」を訪問しました。
 新入部員の展覧会ということもあるのでしょうが、奇をてらわない素直な作品の数々が眼に入ります。しかも、風景写真や人物写真はいうに及ばず、心象写真、鉄道や自動車など乗り物写真、植物・昆虫写真、動物写真……。バラエティあふれる作品を目にし、感動すら覚えます。
 
 思い起こせば私が入部した1970年代といえば、当時の売れっ子写真家・森山大道氏を筆頭とする「ブレ・ボケ写真」の全盛期。我が写真部も、いわゆるコンテンポラリー写真以外は写真ではないという風潮です。ミーティング(批評会のようなもの)に「きれいな風景写真」などを持ち込もうものならば、その場で破かれゴミ箱行きになりかねません。
 
 そのようななかで私たち新入部員も皆、見よう見まねで、街へ繰り出してはスローシャッターに設定しファインダーものぞかず、わけもわからずユサユサとカメラを揺すって手当たりしだいにスナップを撮りまくったものです。
 ピンぼけで手ぶれの甚だしく、自分でも何をどんなつもりで撮ったのかわからないプリントを先輩諸氏に見せると、
「うん、このブレ具合がよいねえ」
「もう少しぼかすともっといいかも」
 などなどの批評。いったいなんのアドバイスなんだと、頭のなかはクエッションマークだらけでした。森山大道氏の真価がわかるのは、ずっとずっと後年のことだったのです。
 
 それに比して今回目にした新人諸氏の作品の、なんと自由なことか。伸び伸びと撮っていてうらやましい限り。これからも、自分の思うように、自由に撮り続けてほしいと思ってやみません。
 
 在廊していた部員4名の作品を、ご本人と一問一答しながら鑑賞しました。奇しくも四者四様のジャンルの作品が並び、時代はうつろいゆくのだなあと興味はいっそう深まりました。同時に、新人諸氏の一生懸命な姿に刺激も受けました。
 私も、もっともっと撮らなくては。負けませんよ、彼らには……。
 新人の皆さん、どうもありがとう。
 
新人と旧人。一目瞭然?
「どこまでも」 
度々通った世田谷線の踏み切り。ここを通る度に気になっていた佇まい。ある日のこと、素敵な空と雲があった。勿論、撮った。
絶妙な補正とも言えるし、技術的な精進が待たれる部分もある。夢か現かといったところだろうか。
今の若い人には珍しくカチッした写真を見て、おじさんたちは安堵した。
 
「人と鉄道」
高松、台湾、江ノ島などなど。江ノ島では祭りが始まると電車を止めるのでリハの時を狙ったとのこと。
「テッチャンってのは何が面白いの?」とは鉄道写真に無関心なおじさんKの質問。
「彼女に引かれるので、引かれない写真を撮るのがトレンド」とはテッチャンのおじさんY。
件のおじさんYはずっと昔からテッチャンで「昔は鉄道撮る人はいなかったしばかにされるから、他の人には言えなくて
大学時代も封印していた。近年ブームが来るちょっと前にカミングアウトした」とのことだった。
パイオニアテッチャンの苦難の時代など知るよしもない新人は
「小さい時から撮っていて、普通に編成写真等撮っていたが飽きてきてこんなのを撮るようになった。
鉄道写真コンテストに応募しても形式的なヤツは入賞しないし」とのことだった。
 
(タイトル無し)
「空き教室に入ってくる光が柔らかくてすてきだったので友達を配して撮った」とのこと。
無機質で色のない空間だったので、撮る時カメラのWBをいろいろ調整したそうだ。
おじさんSは学生時代に撮った似たような写真を思いだしていた。
学生会館の机の上に突っ伏した学生の写真だった。傍らにはヘルメットが転がっていた。壁面は赤やら黒やらの檄文で埋められていた。
机は傷だらけだった。床には印刷物が撒き散らかされていた。光は薄暗い蛍光灯だった。
おじさんたちは教室のきれいさ、清潔さに瞠目した。
そして大学の変化について少し教えてもらった。理工が三つに分かれたこと、昔の二文が文化構想学部になったことなどなど。
 
「夏の火」
前の(タイトル無し)の作者の作品。この写真には魅力的なタイトルがつけられていた。
「青い夕方」の感じを出したかったそうだが、色味に対する感覚が良い。
「大学には行ってガチで写真をやろう」と思ってNIKONのD3200を買ったそうだ。
古民家を借りてやった写真部の撮影会で「見つけた」カット。
 
「にちようび」
「日曜日で、朝起きて、日中楽しんで、明日は月曜日だ(涙)、みたいな」とは撮影者。
初々しいな??!!講評には困るけど。
「明日は月曜日だ(涙)」といっても妙に幸せそう!!
 
「無題(2)」
本格的な写真だから却って異彩を放っているように見えた作品。楽しめました。もっとのめり込んで楽しませてください。
 
WPS(早稲田大学写真部)の日常の活動について木村幹事長から教えていただいたので掲載します。
 
   班活について
(活動は班ごとの活動が中心で、授業の都合で空き時間の都合で各班に所属するそうです)
 
今回、写真部では月曜日から金曜日まで各曜日の方針を決めて班活を行っております。
 
 
・月曜 / ブツ撮りを上手くなろう
 
・火曜 / 写真をたくさん見てみよう
 
・水曜 / 初心者向け&少しマニアックに
 
・木曜 / 縛りを設けながら撮影しよう
 
・金曜 / ポートレートに強くなろう
 
月曜日から水曜日まではやや初心者向けの班活であり、木曜日、金曜日は発展的な内容となっております。
また、今回は昨年度が撮影会中心であったため、前期は座学を多く取り込んだ内容となっております。
 
今期の班活で特に特徴的だったのは木曜班だったと思います。日頃、カメラを使って撮影をする際に、意識をして制約を設けることは中々ありませんし、制限がある中でどのように撮影すれば良いか考える良い機会につながったのではないかと思います。
また金曜班においてもモデルを招聘し、撮影を行うなど最近まで積極的にポートレートを撮る習慣が写真部にはなかった中で、このような新しい流れを生み出したことは非常に良いことですし、班長の力が大いに発揮された班活であったと思います。
 
他の曜日についても班長の頑張りが随所に見られ、自分としても非常に頼もしいと思いました。
 
また前期に引き続き、後期についてもある程度方針を決めて行う予定です。
 
今後も現役写真部員の活動を見守っていただければありがたいと存じております。
 
 ◎『縛り撮影』の狙い

2016 年の前期木曜班では、撮影時に制限をかけた『縛り撮影』を行いました。 これは多少の不自由を前提とすることで、近年のオート機能の進化とともに機材に任せが ちな判断、思考、工夫を自ら行って欲しいとの思いからです。 また、この度参加して頂いた部員には、今後制限のない自由な撮影環境でもこの度の班活 で得た創意工夫を生かしていただけることを期待しています。

(木曜班班長 岩下究太郎)

(スローシャッター縛り: 足と東京タワーの) 
camera:D700 lens:Ai-S 28mm/2.8  f 値: 11  ss:1 秒  iso: 3200 


(モノクロ縛り: 階段)

 camera:D700  lens:24-85mm  f3.5-4.5  f 値: 4.5  ss: 1/50 秒 iso: 800 (※階段下からストロボ発光)

(iso 縛り-最高感度: 傘+道)

 camera:Nikon D700  lens:28mm f2.8  f 値: 2.8 ss: 1/500 秒  iso: 25600