稲門写真クラブトップ

ホーム 稲門写真クラブについて ニュース リンク お問い合わせ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
【投稿】
【投稿】 : 柏木久育のNY便り-1 161030
投稿者 : shiratani 投稿日時: 2016-10-29 22:52:04 (150 ヒット)

◎毎年ニューヨークで年越しをしている昭和47年卒の柏木久育さんから地下鉄の写真が届きました。
 
『一日で人生が変わってもおかしくない、ニューヨークは今でもそんな不思議な街だ』というテレンス・ライリー(MoMA 建築デザイン部長)という言葉もありますが、現実はそれほど劇的ではありません。ごくありきたりの普通の巨大な近代都市で、あなたの財布の中身次第で、あらゆる消費が可能なようにみえる観光都市です。どんなに肯定的に世界一の最先端と思うのも、否定的に世界の終末を象徴しているととるのも自由です。
 
 NYCは最もカメラマンに愛された都市です。ハイン、ウィージー、スティーグリッツ、エヴァンス・・・。あらゆる写真がすでに、撮り尽くされているのかもしれません。いまさらカメラをもったオッサンが、いったい何を撮ろうとしているのでしょう。
 
SUBWAYの写真も古くはエヴァンス、つづいダヴィッドソンと多彩な表現があります。しかしそれらは、あまりにもドラマチックで、深刻で、真面目すぎるといっては失礼ですが、もっと淡々とした日常としてのSUAWAYがあります。一日数百万人が利用し、よく笑い、よく食べ、よくしゃべっている、ごくふつうの風景もあってもいいのではと、蛇足ながら、付け加えてみました。それでは、また!